第1位マネパカード
入会手数料無料 払い戻し手数料無料 チャージ可能通貨5通貨
詳細はこちら
第2位キャッシュパスポート
入会手数料1% 払い戻し手数料500円+税 チャージ可能通過7通貨
詳細はこちら
第3位Visa TravelMoney“Gonna”
入会手数料無料 払い戻し手数料500円+税 チャージ可能通過1通貨
詳細はこちら
HOME » 海外旅行でプリペイドカードと併用したい支払い方法 » デビットカード・国際キャッシュカード

デビットカード・国際キャッシュカード

海外旅行では、買い物などの支払い時にデビットカードや国際キャッシュカードを利用するという方法もあります。ここでは、デビットカードや国際キャッシュカードでの支払いのメリットとデメリットについて紹介しています。

海外旅行で使えるデビットカード・国際キャッシュカードのメリットとは

海外ATM画像デビットカードとは、新たにカードを作るのではなく、すでに口座を開設している金融機関のキャッシュカードをそのまま使って現金を引き出すことができるサービスです。

国際キャッシュカードとは、日本にある自分の銀行口座から、渡航先のATMで現地通貨を引き出すことができるカードです。

デビットカードを使って支払いをすることもできます。デビットカードは即時決済なので、口座残高内の利用しかできず、使いすぎのリスクが避けられます。

国際キャッシュカードのメリットは、多額の現金を持ち歩く必要がなく、日本にいるときと同じ感覚で、現地で通貨を引き出せること。また、安全性が高く、紛失や盗難などの際には、利用停止ができることが挙げられます。

現在ある銀行口座からお金を引き出すため、クレジットカードのような入会審査がなく、クレジットカードのキャッシングのような金利はかかりません。

デビットカード・国際キャッシュカードのデメリット

デビットカードで支払う場合、即時引き落としのため、口座の預金残高が少ないと、利用できません。

また、デビットカード・国際キャッシュカードともに為替レートが悪い場合が多いので、現金を引き出す際の手数料も高くなる場合があります。

欧米やアジアの大都市では利用できますが、国や地域によっては利用可能なATMが少ないこともあるので、海外旅行の際には、多くの国で利用できるプリペイドカードがおすすめです。

 
海外旅行の新常識!現地で使えるプリペイドカードBEST5