第1位マネパカード
入会手数料無料 払い戻し手数料無料 チャージ可能通貨5通貨
詳細はこちら
第2位キャッシュパスポート
入会手数料1% 払い戻し手数料500円+税 チャージ可能通過7通貨
詳細はこちら
第3位Visa TravelMoney“Gonna”
入会手数料無料 払い戻し手数料500円+税 チャージ可能通過1通貨
詳細はこちら
HOME » 海外旅行でプリペイドカードと併用したい支払い方法 » クレジットカード

クレジットカード

海外旅行での支払い方法として人気のクレジットカード。ここでは、クレジットカードでの支払いのメリットとデメリットについて紹介しています。

海外旅行で使うクレジットカードのメリットとは

クレジットカード画像欧米はもちろん、アジアの主要都市など、多くの国で利用できるクレジットカード。外国人観光客がたくさん訪れるホテルやレストラン、ショップなどでは、ほぼ使用できます。

また、身分証明書や、ホテルなどでのデポジットとして、カードの提示が求められることがあるので、1枚は持参したほうがいいでしょう。

クレジットカードのメリットは、多額の現金を持つ必要がなく、安全性が高いことです。一括払いの場合、レートがお得になることも多いです。また、現地通貨を両替しすぎて、外貨が余ってしまうということもありません。

盗難に遭ったり、紛失してしまったときも、すぐにカードの利用を停止することができます。カードによっては、海外旅行傷害保険がついているものあるので、わざわざ旅行保険に加入する必要もありません。ショッピング保険がついているものもあります。

現金が必要になった場合には、提携ATMでキャッシングを利用することができます(キャッシングには利息がつきます)。

クレジットカードのデメリット

クレジットカードは、利用限度額が大きいので、つい使いすぎてしまうというデメリットがあります。また、加入時に審査があるので、誰もがカードを作れるわけではなく、国や地域によっては、カードが利用できないところもあります。

盗難に遭った際、すぐにカード会社に届けないと、悪用された場合の被害が大きくなったり、悪質な店で使用するとデータを読み込まれてしまうという可能性もないとはいいきれません。

こうしたリスクを避けるため、海外旅行の際には、渡航先で現地通貨を引き出せ、チャージした金額内でしか利用することのできないプリペイドカードも携帯することをお勧めします。

 
海外旅行の新常識!現地で使えるプリペイドカードBEST5