第1位マネパカード
入会手数料無料 払い戻し手数料無料 チャージ可能通貨5通貨
詳細はこちら
第2位キャッシュパスポート
入会手数料1% 払い戻し手数料500円+税 チャージ可能通過7通貨
詳細はこちら
第3位Visa TravelMoney“Gonna”
入会手数料無料 払い戻し手数料500円+税 チャージ可能通過1通貨
詳細はこちら
HOME » 海外旅行でプリペイドカードと併用したい支払い方法 » 現金

現金

海外旅行の際、もっとも確実な支払方法は現金払いです。海外での現金支払いのメリットとデメリットについて紹介しています。

海外旅行での現金支払いのメリットとは

現金画像現金を海外に持っていく場合、日本で渡航先の通貨に換金していく方法と、現地で両替する方法があります。

ドルやユーロなどのメジャーな通貨であれば、日本の銀行などでも両替できますが、それ以外の通貨の場合、現地で両替するのが一般的です。

日本国内の空港内の銀行や、現地のホテルでの両替は、比較的レートが悪いことが多いので、確認しておきましょう。

現金のメリットは、いつでもどんな場面でも使うことができ、手間がかからないこと。サインの必要もなく、支払いもスムーズです。

日本円は、どこでも両替が可能で、日本人の多い観光地やアジアの主要都市などでは、日本円がそのまま使えることもあります。また、現金でなければならない場面があるので、必ず持っていかなければなりません。

たとえば、自宅から空港までの交通費、渡航先の空港からホテルまでの交通費、現地で支払うチップ、小さな店での買い物、帰りの交通費などは、現金が必要になるので、忘れずに持っていくようにしましょう。

現金払いのデメリット

利便性の高い現金ですが、万一、盗難に遭った場合には保障が効きません。盗まれたらそれきり。戻ってくることはありません。

また、海外旅行の場合には、多額のお金が必要になりますが、それをすべて現金で持つとなるとかさばりますし、なにより危険です。

こうしたデメリットをカバーできるのが、プリペイドカード。必要最低限の現金と、プリペイドカードを持っていれば、海外旅行がより安全でスムーズなものになるはずです。

 
海外旅行の新常識!現地で使えるプリペイドカードBEST5