第1位マネパカード
入会手数料無料 払い戻し手数料無料 チャージ可能通貨5通貨
詳細はこちら
第2位キャッシュパスポート
入会手数料1% 払い戻し手数料500円+税 チャージ可能通過7通貨
詳細はこちら
第3位Visa TravelMoney“Gonna”
入会手数料無料 払い戻し手数料500円+税 チャージ可能通過1通貨
詳細はこちら
HOME » 海外旅行でプリペイドカードと併用したい支払い方法

海外旅行でプリペイドカードと併用したい支払い方法

海外での支払いには、プリペイドカードがおすすめ。そこに、現金など、そのほかの支払い方法と併用すると、より便利かつスムーズになります。ここでは、海外旅行での支払いに使われる現金、クレジットカード、デビットカード・国際キャッシュカードの特徴やメリット・デメリットについて紹介しています。

海外での各支払い方法のメリット・デメリット

支払いの基本はプリペイドカードやクレジットカードという人でも、多少の現金は必須です。現地でのチップや小さな店での買い物、自宅・空港間の交通費など、現金が必要な場面があるからです。

もっとも確実で手間のかからない支払方法ですが、多額の現金を持つと防犯上、危険ですし、盗難に遭った場合の保障がありません。

観光客の多い地域ではほとんどのお店で使うことができるクレジットカードは、身分証にもなるので、1枚はもっていきたいもの。しかし、加入時に審査があるため、作れないという場合もありますし、使いすぎてしまうこともあります。

デビットカードや国際キャッシュカードは、いまある自分の銀行口座から、海外でもお金を引き出すことができるもの。日本でお金をおろすように、現地通貨を引き出すことができますが、口座直結のため、万一、盗難に遭った場合には、口座にある現金をすべて引き出されてしまう危険性もあります。

こうしたデメリットをカバーすることができるのが、海外プリペイドカードです。現金やクレジットカード、デビットカード・国際キャッシュカードと併せて、便利に使っていきましょう。

また、番外編として、海外旅行で必要な所持金の目安についても解説しています。

 
海外旅行の新常識!現地で使えるプリペイドカードBEST5